橋下徹氏 東京アラートのライトアップ「いきなりなんで赤なんですかね。なんで黄色じゃないの」

[ 2020年6月4日 09:31 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が4日、TBS「あさチャン!」(月~金曜前5・25)にリモート出演。東京都が新型コロナウイルスの感染拡大の兆候を警告する「東京アラート」を2日に初めて発令したことについてコメントした。

 都内では2日に34人の感染が報告され、都は「東京アラート」を発令。都庁舎と都内臨海部に架かるレインボーブリッジを警戒を意味する赤色にライトアップした。

 橋下氏は「いきなりなんで赤なんですかね。なんで黄色じゃないの、東京。僕、ちょっとそこがよく分からないですね、赤にするっていうの」と首を傾げた。

 大阪府が、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて休業要請の解除や再実施を判断する基準「大阪モデル」では、感染再拡大の警戒信号を信号機に見立てた「緑、黄、赤」の3色で示している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース