ねづっち寄席再開で妻に感謝 なぞかけで「いざという時“たより”になります」

[ 2020年6月4日 14:25 ]

お笑い芸人のねづっち
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のねづっち(45)が4日放送のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)にVTR出演し、緊急事態宣言中の様子を明かした。

 番組では、緊急事態宣言解除に伴い、寄席も入場制限しながら再開したことを紹介。浅草演芸ホールの舞台に立ち「寄席が再開しましてうれしいですけどね」と喜ぶ、ねづっちの様子を伝えた。

 新型コロナウイルスの影響で、仕事が入らなかった期間は約2カ月。80~90本の仕事がすべてキャンセルとなった時、妻の言葉に救われたという。「手帳を見て、これ全部無くなっちゃったのか…」と沈んでいると、夫人は「これ全部飛ぶのか。よし、仕事より私といる時間をとったと考えればいいよね。とりあえず飲むか!」と酒を出してくれた。

 そんな妻に感謝の気持ちを込めて得意の即興謎かけも披露。「整いました!」と前置きし「うちの奥さんとかけまして、買いだめしている便せんとときます…」と出題。「その心は…いざという時“たより”になります。ねづっちです!」と笑みを広げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース