ジャニーズ事務所、医療支援物資配布完了を報告 防護服、マスクなど全国645カ所に総額3・6億円

[ 2020年6月4日 17:05 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は4日、新型コロナウイルス感染拡大防止に対する支援活動「Smile Up!Project」での医療現場への支援物資配布が完了したことを公式サイト「ジャニーズネット」で報告した。

 この日までの提供医療支援物資は、全国645カ所に中国の生産工場から仕入れた防護服(隔離服)3万3000枚、アイソレーションガウン5万枚、医療用マスク(N95他)57万枚、三層マスク23万枚。国内で新規生産した抗菌マスク20万枚は今月中旬から順次届ける。物資支援の総額は3億6000万円となる。

 報告では「この度の支援活動に伴い、物資の生産や手配、中国からの空輸、医療機関へのお届けに至るまで、あらゆる面でご尽力くださいましたすべての皆様に心より御礼申し上げます」とし、「今回の支援活動を通じて、医療従事者の皆様と接する機会をいただいたことにより、私達が日頃から安心して医療を受けられることや、今回のような有事に直面しても、なお、安全な医療環境が身近にあり続けた理由の一端に触れることができたように思います。それは、医療従事者の皆様が目の前の患者様に寄り添い、誠実に向き合われていることの上に成り立つものだと私達なりに理解いたしました。そして、この理解は、日常生活を支えてくださるあらゆる仕事に従事されている皆様にも通ずることであると、自粛を伴う生活を通して改めて感じました。新型コロナウイルスの感染が拡大し続ける日々におきましても、私達が変わらず日常生活を送ることができたのは、皆様が強い責任感で支えてくださったからこそであり、心より感謝いたしております」と医療従事者および関係者への感謝を述べた。

 この活動報告で医療物資支援については一区切りとするが、今後も情勢を見ながら支援内容を検討していく。

 また、「Smile Up!Project」では「ジャニーズネットオンライン」による映像配信サービスは継続して行い、その収益は今回の医療物資の購入費用や今後の支援活動の費用として活用する。16日から21日までの6日間は嵐、V6、KinKi Kidsらが参加するチャリティーライブ「Johnny’s World Happy LIVE with YOU」を配信する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース