橋下徹氏 国会議員のボーナスに「ぬくぬくな生活をしてるから国民が尻に火ついている現状を感じてない」

[ 2020年6月4日 11:18 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が4日、TBS「あさチャン!」(月~金曜前5・25)にリモート出演し、国会議員の夏のボーナスについて言及した。

 番組では、今夏の国会議員のボーナスが満額の約320万円支給される見込みであることや、文書通信交通滞在費が年間約1200万円、立法事務費が約780万円支給されることなどを伝えた。

 橋下氏は「これだけのキャッシュがねえ、今のご時世、国会議員全員に行くってどうなの」と厳しい表情で語った。そして「それで医療従事者の方にはね、なんか20万円かなんか手当を出すって言っているけど、本当に現場の最前線で頑張っている人たちに対しての支援、なんでそういうところに…医療従事者だけじゃなくて休業補償もそうなんだけど、国民が困っているところにね、お金が届くのが遅いっていうのは、国会議員がこんだけ安泰なぬくぬくな生活をしてるから、国民が尻に火ついている現状を感じてないんじゃないかな」と指摘していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月4日のニュース