フット岩尾 練習試合で好調だった巨人・坂本&大城に「アスリートだからこそ成せるわざなのか」

[ 2020年6月4日 12:34 ]

フットボールアワーの岩尾望
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「フットボールアワー」の岩尾望(44)が4日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、巨人の坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たことについてコメントした。

 直近2週間では坂本は緊急事態宣言解除後の5月29日に友人と昼食を取った以外、外食はなし。大城は同28日に同僚2人と約2時間夕食を共にしただけで今回の感染とは無関係とみられる。

 岩尾は「陽性が判明する前日に練習試合に出てて。なんやったら好調をアピールしてたんですよね」と振り返り、「体を鍛えたアスリートだからウイルスに感染している状態でも強くて、野球も普通にできるのか?」と不思議そうな表情に。さらに「僕ら一般の人間でも分からんうちに(感染に)かかってて、いつの間にか治ってて平気のままでって言う人もいるのか?それがちょっと分かんないすね」と疑問を投げた。

 さらに「アスリートだからこそ成せるわざなのか?そういうものなのか、ウイルスが?」と何度も首を傾げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース