麒麟・川島の悩み「布団入って4時間経っても寝れない」爆問・太田の助言とは?

[ 2020年6月4日 19:40 ]

お笑いコンビ「麒麟」の川島明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「麒麟」の川島明(41)と田村裕(40)が3日深夜放送のテレビ朝日「お願い!ランキング」(月~木曜深夜0・50)のコーナー「太田伯山」にリモート出演し、睡眠に関する悩みを吐露する場面があった。

 川島の悩みは「仕事がうまくいけばうまくいったで、興奮して寝れません。失敗すれば『あそこであれ言えたな』とかでやっぱり寝れません」というもの。「布団入ってから4時間くらい寝れないです」と不眠症気味だという。

 また、田村は正反対で「僕は睡魔が強すぎて、眠たくなるとどこでも寝てしまいます。コント中に寝たり、電車の連結部分で寝たりして、相方にも迷惑をかけています」と明かして笑わせた。なんでも「目が覚めてることがほとんどなくて、起きてると思った日は7日間もない」といい「20時間でも寝れる。なんなら慣れてるテレビ番組なら(出演中でも)寝れます」と語った。MCの太田光(55)も「高木ブー超えたな!」と驚いていた。

 ここで、太田は珍しく真面目な口調で川島にアドバイス。「寝ることを諦めるのが大事かもね。『眠くなったら寝りゃいいや!』って感じで、布団なんて入らずにやりたいことやって。その内昼間くらいに仕事中でも、うとうとするときがあるから。それで30分くらい仮眠するだけでスッキリする。寝ることを義務と思わない方がいいと思う」と語りかけると、川島はうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース