「メッセンジャー」あいはら、仕事復帰 間質性肺炎で入院「死の淵さまよった」

[ 2020年6月4日 05:30 ]

YouTubeチャンネルで仕事復帰したメッセンジャー・あいはら
Photo By 提供写真

 間質性肺炎を患い入院、休養していたお笑いコンビ「メッセンジャー」あいはら(50)が3日、自身のYouTubeチャンネルで仕事復帰した。

 「死の淵をさまよった。紙一重だった」と、重篤な肺炎だったと告白。意識を失い人工呼吸器を付け、担当医が夫人に「覚悟してください」と告げたほど深刻な状況だったという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月4日のニュース