博多大吉、公式発表から17キロ増 外出自粛で「100キロが…」

[ 2020年4月8日 14:37 ]

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ博多花丸・大吉の博多大吉(49)が8日、TBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月~木曜後1・00)に水曜パートナーとして出演し、新型コロナウイルスによる外出自粛の日々でビール太りしたことを明かした。

 売れっ子の大吉でも、自粛要請が続く中で「今でも仕事が減ってるんですよ、正直。収録がなくなったりしているので」という。自宅待機の日々が多く、「何するって言ったら、とりあえず缶ビールを開けますよね。おつまみでもつまみながら、しばらくして寝て、起きて、またビール飲んで。そんな暮らしをしてたら、そりゃあ太るよ」と、ビール中心の生活になってしまっていることを打ち明けた。

 大吉といえば182センチの長身にスラリとしたスタイルのイメージだが、体型維持の危機を迎えているようだ。「私も太りました。79キロが見えてきました。やばい。何だかんだ(普段は)言って動き回っているんでしょうね。脳みそも回転させているんでしょうね、今までは」。公式プロフィルの体重62キロと比較しても17キロ増で、パーソナリティーの赤江珠緒(45)から「今からこのペースで行くと、(緊急事態宣言が)5月に解除されるころには…」と振られると、大吉は「100キロが見えてくると思いますよ。自制しながらやらないと」と気を引き締めていた。

 キャスターを務めるNHK総合「あさイチ」も、緊急事態宣言を受けリモート出演となった。「NHKが今、外部タレントが(局内に)入れなくなったので、職員さん以外は入れないと決まりましたので、我々は外から参加させてもらいました」。さらに「いろんな番組が(リモート出演を)始めた時、『ここまでしてやる?望まれてるの?』って思ってました」と、自分たちの存在意義を自問自答したこともあるという。

 そんな中、NHKのスタッフから励ましの言葉をもらったという。「いざ自分の身に降りかかって言われたのは、これで僕らがいなくなると寂しくなるというか、日常がなくなるように感じる方も多いので、出ているだけでほっとしている声も数多くある(と言われた)」。赤江にも「僕が言うのはなんですけど、赤江さんの声を聞いて落ち着いている人は、少なからずたくさんいらっしゃると思いますよ」とポジティブな言葉をかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース