柏木由紀、AKBデビュー13周年を報告「海苔のような前髪」当時の写真披露

[ 2020年4月8日 20:55 ]

AKB48の柏木由紀
Photo By スポニチ

 AKB48柏木由紀(28)が8日、デビュー13周年を迎えたことをツイッターで報告した。

 チームB「青春ガールズ」公演で、3期生として初めてAKB48劇場の舞台に立ったのが、07年のこの日だった。ただ一人、残っている3期生でもある柏木は、「本日デビュー13周年!同期は全員卒業しましたが、、」と記念日を報告。以前から「30歳まで卒業しません」と宣言している通り、「14年目も元気に明るく頑張ります!!」とアイドル続行をあらためて誓った。

 さらに柏木は、15歳当時の初々しい写真もアップした。前髪は分け目なしのパッツン風で、巻き髪のポニーテールをサイドにたらした写真を4枚、披露。28歳となった今では決して見られない奇抜なヘアスタイルに、柏木自身も「デビュー当時、謎のこの髪形固定。。七不思議。。。あと海苔のような前髪。。。」と驚いていた。

 さらに、初期メンバーで卒業生の平嶋夏海(27)は自身のツイッターで、「まさか最後までアイドル続けてるのがゆきりんだなんて!かっこよくて美しい姿をまだ数年も見れるなんてありがたいなあ」と、祝福の言葉とエールを送った。一方、柏木と同期の渡辺麻友(26)は、1月1日にツイッターで「あけおめ」とつぶやいて以来、SNSを更新しておらず、ファンから心配の声が上がっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース