書道家の武田双雲氏が手洗い動画公開「コロナウィルスと墨汁の粒子サイズが近いから」

[ 2020年4月8日 15:48 ]

書道家の武田双雲氏
Photo By スポニチ

 書道家の武田双雲氏(44)が8日、ユニークな手洗い動画を自身のブログで公開し、話題となっている。

 それは「コロナウィルスと墨汁の粒子サイズが近いから、墨汁だらけの手を洗ってみた」というもの。物理学者の友人から教えてもらったといい、「イメージがわきやすい」として、墨だらけになった自らの手を洗う動画だ。

 「水で洗うだけでも落ちやすいです」と解説しながら、石鹸をつけて洗っても墨が落ちづらい「指と爪の間」を実際に見せながら「いつも僕は、ここが黒いんです。ここは結構、ウイルスが残りやすいと思います。書道家の視点でした」と視聴者に呼び掛けた。最近はSNS上で有名人が手洗い動画などを配信して啓発しているが、書道家の視点で解説したユニークな動画となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース