岡田晴恵教授 接触機会7~8割減に「本当に達成できるんだろうか」

[ 2020年4月8日 11:00 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 感染免疫学、公衆衛生学を専門とする白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授が8日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が7日に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく政府対策本部の会合を官邸で開き、緊急事態を宣言したことに言及した。

 首相は記者会見で、人と人の接触機会を7~8割減らした場合「2週間後には感染者の増加をピークアウト(もうこれ以上は上昇しないという段階に)させ、減少に転じさせることができる」と強調。現在のペースで感染拡大が続けば感染者が2週間後には1万人、1カ月後には8万人を超えると指摘するなどした。

 岡田教授は「私、この数字の出どころっていうのがよく分からないんですけど。ぜひバックグラウンドの数字をもっと公開していただきたいなって思っています」と指摘した。そして「ただ言えることは指数関数的に(感染者数が)増えていくということなんですね」とし、「70%、80%の人との接触を減らせなければ、(感染者が)減っていかないわけじゃないですか。これを国民への呼びかけの自主性だけでいけるのか。当然テレワークとかの呼びかけもありますけども、土日は確かに人は減っているけれどもウイークデーはまだまだだと思うんですね。これが本当に達成できるんだろうかと。これが20%、30%にとどまれば結局オーバーシュートしていくっていうシュミレーションですから、ちょっとそのあたりは怖いかなって思いました」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月8日のニュース