読売テレビ 12日「スタジオアリス女子オープン」特番放送 ミレニアム世代4人が競演

[ 2020年4月8日 19:30 ]

女子プロゴルフ「スタジオアリス女子オープン」の読売テレビ特番に出演する(左から)女子プロゴルファーの西村優菜、古江彩佳、安田祐香、吉田優利
Photo By 提供写真

 新型コロナウイルスの影響で中止が決まった女子プロゴルフ「スタジオアリス女子オープン」(10~12日)の特別番組(読売テレビ、12日後3・00)の制作が発表された。

 大会が開催される予定だった兵庫・花屋敷ゴルフ倶楽部の、数々の激闘が繰り広げられてきた15番ショートホール、16番ロングホール、同コース名物の池越え18番ミドルホールで、2000年生まれの“ミレニアム世代”の女子プロ4人が特別マッチプレーに挑戦。最終18番では歴代優勝者の横峯さくらプロ(34)も緊急参戦する。

 さらにプロたちの技術の限界に挑む「スゴ技チャレンジ」や、過去の大会をVTR「メモリーズofスタジオアリス」などで歴代優勝者たちが振り返る。

 MCは「FUJIWARA」原西孝幸(49)、「オードリー」春日俊彰(41)で、女子プロゴルファー・古江彩佳(19)、安田祐香(19)、吉田優利(19)、西村優菜(19)が出演。赤星憲広(43)がゲスト、解説は山崎千佳代プロ(56)が担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース