新型コロナ感染の「SUPERNOVA」ユナク「現在重症患者に分類され、治療」

[ 2020年4月8日 12:14 ]

「SUPERNOVA」のユナク
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し、ソウル市内の病院で治療中の韓国出身の男性グループ「SUPERNOVA」のリーダー、ユナク(37)の病状について、重症患者に分類されていることが7日、グループの公式サイトで明らかになった。

 公式サイトでは「記事にあるような接待飲食店には訪れておらず、仕事帰りに、知人の女性と短時間会ったと確認されました」と一部の報道内容を否定したうえで、「ユナクですが、現在重症患者に分類され、治療を受けております」と病状について報告された。

 「また元気な姿で皆様にお会いできるよう、治療に専念して一日も早い回復に努めます。皆様にご心配をおかけし誠に申し訳ございません。ユナクの病状につきましては、引き続き皆様にお知らせいたします」としている。

 ユナクは体調不良を訴え、3月31日に韓国の医療機関で検査し、今月1日に感染が判明し、3日に公表された。

 「SUPERNOVA」は2018年6月まで「超新星」として活動していた5人組男性アイドルグループ。超新星時代から通算で、日本でもシングル21枚、アルバム8枚を発売し、精力的に活動していた。

 ユナクは15~17日には、メンバーのソンジェとともに、ミュージカル「すべての瞬間は君だった シーズン2~春~」(東京・タワーホール船堀)に出演予定だったが、先月末に新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公演延期することが発表されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース