田崎史郎氏 緊急事態宣言の首相会見に「分かりやすかったですよね、具体例を挙げていて」

[ 2020年4月8日 11:08 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 政治評論家の田崎史郎氏が8日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が7日に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく政府対策本部の会合を官邸で開き、緊急事態を宣言したことに言及した。

 首相は記者会見で、人と人の接触機会を7~8割減らした場合「2週間後には感染者の増加をピークアウト(もうこれ以上は上昇しないという段階に)させ、減少に転じさせることができる」と強調。現在のペースで感染拡大が続けば感染者が2週間後には1万人、1カ月後には8万人を超えると指摘するなどした。

 田崎氏は「目的は国民に8割方、行動制限していただくこと。そのために国民に納得していただく、国民を説得するっていうことだったんですね。その目的はある程度達成したと思います。それで分かりやすかったですよね、具体例を挙げていて。自動車メーカーが人工呼吸器、エアラインの方が今不足している防護服を縫製してくださりってことですよね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース