おぎやはぎ矢作兼 現金30万円給付に「全世帯の約20%の見込み…それくらいにしか払いたくなかった」

[ 2020年4月8日 15:28 ]

「おぎやはぎ」矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(48)が8日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての政府の緊急経済対策について言及した。

 政府は7日、臨時閣議を開き、過去最大となる事業規模108兆2千億円の緊急経済対策と、財源となる2020年度補正予算案を決定。一部の収入の減った世帯には30万円の現金給付を行い、児童手当を受給している世帯には、子ども1人につき1万円を一度限りで給付するなどする。

 矢作は、30万円の現金給付について「全世帯の約20%が対象になる見込みってことは計算してるわけじゃないですか。だからそれくらいにしか払いたくなかったってことでしょ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース