鈴木紗理奈、第2子欲しくて元夫に相談 想定外の返事に「無理こんな人!」

[ 2020年4月8日 11:30 ]

タレントの鈴木紗理奈
Photo By スポニチ

 タレントの鈴木紗理奈(42)が7日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。第2子の子作りについて、元夫に相談した過去を振り返った。

 2008年12月にレゲエユニット「INFINITY16」のTELA―C(年齢非公表)と5年の交際を経て結婚。10年2月には第1子となる長男を出産したが、その3年後に離婚した。

 離婚については「踏みとどまっていた」という鈴木。理由としては「子どもがもっと欲しかったから。次の子どもが生まれるまでは頑張りたいなと思って」と説明した。別の男性と再婚することも考えたそうだが、10歳になる息子のことなどを思うと「再婚せずに元パパとの形を守るのが、息子は一番幸せなのかも」と、決断はしなかったという。

 それでも、どうしても子どもが欲しかった鈴木。「本気で考えた末、やっぱり元夫だと思った」と言い「再婚もしなくていいし、金銭的な部分も、それ以外の部分も、私1人で育てるから」「体外受精みたいな、進化してあるらしくて…。ちょっとどうでしょうか?」と相談した。すると、元夫からの返答は「自然に産もうよ。俺できるよ。今夜どう?」だったという。

 想定外の言葉に「やっぱり男の人ってさすが…。『OKだぜ~』みたいなこと言って、えー!と思って」と驚いたことを明かしつつ「無理こんな人!と思って、もうあきらめたの」と回顧していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース