オリラジ藤森がEXITに“チャラ男指南”「色んなこと言われても貫き通した方がいい」

[ 2020年4月8日 19:47 ]

オリエンタルラジオの藤森慎吾
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(37)が7日深夜放送の「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(火曜深夜1・35)に出演。お笑いコンビ「EXIT」に“チャラ男指南”を説く場面があった。

 チャラ男芸風と結成から間もないデビューという点で、よく比較されることがあるこの2組。先輩藤森がデビューして間もないころのエピソードを明かす。MCの若林正恭(41)が運転する車に乗る機会があったといい、助手席で「若さーん、右右!」とちょっかいをかけていた。最初は楽しくしていたものの、さすがの若林も「いい加減にしろ!」と藤森を降ろした。するとバックミラーに「若さぁーん!」とポーズを決める藤森の姿が。藤森は「最初の頃は全然(礼儀とか)わかんなかった」と若気の至りだったと反省していた。

 若林は「それから3年ぐらい経つと急に『おはようございます』ってちゃんと挨拶するようになって」とチクリ。藤森は「色んな先輩から物理的な制裁があったから…」と言葉を詰まらせながら「吉本って鉄の掟があるから。ちょっと下火になったときに先輩から『あの時は言おうと思ったけど』」と小言を言われることが多くなり「カラオケ屋の地面に頭こすりつけたこともあった」と衝撃的な体験談を話す。ドン引きする「EXIT」に藤森は「色んな先輩に色んなこと言われても、貫き通した方がいい」とエールを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月8日のニュース