日テレ スタジオ収録など「安全確保が難しいと判断する」番組制作2週間休止

[ 2020年4月6日 14:20 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 日本テレビは6日、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、安全確保が難しいとされる番組の制作について、きょう6日から2週間の休止期間を設けると発表した。

 対象となるのは、「バラエティー番組のスタジオ収録」「報道・スポーツ・情報番組以外(情報・制作局バラエティー部門)の番組ロケ」「ドラマのスタジオ収録・ロケ」の3つ。

 同局は「これらの措置は、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、出演者や社員・スタッフ、番組制作全ての関係者の感染予防を最優先に考え、安全を確保したうえで通常通りの番組制作スケジュールを消化することは難しいという判断から」だとしている。

 また、今後の番組編成についての指針も決定。「『未知』であり『見えない』ウイルスの脅威に対して、日本テレビはメディア事業者としての役割は『迅速・正確で信頼できる報道・情報番組』を放送すると同時に、出来る限りの感染対策を講じながら『生活者に希望と活力を届ける健全な娯楽番組』を皆さまにお届けする事だと確信しています」とし、以下の3つの指針で番組を編成すると伝えた。

 (1)「真実を伝え、生活者から信頼される報道・情報番組」の編成
 (2)「豊かな時を提供し、生活者に希望と活力を届ける健全な娯楽番組」の編成
 (3)「学びの場を提供し、生活者の知見を広められる教育・教養番組」の編成

 さらに、番組制作に対する基本姿勢も明記。制作現場のスタッフ、出演者、関係者の安全・安心を第一とし、「密閉、密集、密接」の“3密”を回避できる環境、生活者が安心して楽しめる番組制作を行うとした。

 安全と安心確保のために「新型コロナウイルス対策本部」が既に行っている社屋入構者への検温、入構制限に加え、番組制作を支援する「番組安全対策チーム」を組成し、制作関係者への検温徹底、感染防止の備品調達、リモートワーク推進等の制作現場の環境改善など、さらなる感染防止策強化に努める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月6日のニュース