笠井アナ「これが最後になるはず」抗がん剤24時間連続投与開始も「私以上に皆さんも大変です」

[ 2020年4月6日 19:45 ]

笠井信輔アナウンサー
Photo By スポニチ

 血液のがんと言われる「悪性リンパ腫」を公表して闘病中の元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(56)が6日、自身のインスタグラムで、6度目となる抗がん剤5日間24時間連続投与が開始したと報告した。

 笠井アナは「6回目の抗がん剤5日間24時間連続投与始まりました これが最後になるはずです そう祈ってます」と報告。「私のこと以上に、世の中は明日、大変なことになりそうですね」と安倍首相が7日に発令する方針を表明した緊急事態宣言に触れた。

 「政府は混乱が起きないように、情報を段階的に出しています。ただこれで、混乱が起きず『非常事態宣言て言ったって何だかあんまり変わりないね』と、フラフラ出かけられたら、それこそ目も当てられません」と呼びかけ「偉そうなことを言って申し訳けありませんが、私は粛々と抗がん剤の副作用に耐えていきたいと思っています 私以上に皆さんも大変です。お互いがんばりましょう!」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月6日のニュース