フジ・久慈暁子アナ「めざましテレビ」出演者2班体制に「感染の影響を最小限に」

[ 2020年4月6日 21:04 ]

フジテレビの久慈暁子アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの久慈暁子アナウンサー(25)が6日、自身のインスタグラムで朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)の出演者が2班体制になったと明かした。

 「新型コロナウイルス感染拡大を受け、感染の影響を最小限にとどめるため、めざましテレビ出演者もこの状況が改善されるまで2班体制に分けることになりました。私は金曜・土曜のMCを担当させていただきます。1日も早く心穏やかな日々が戻ることを祈るばかりです」と報告した。

 自身の対策について「手洗い・うがい・携帯電話の消毒、洋服はすぐ洗濯。郵送品もダンボールは家の中にできるだけ入れないようにしています。あとはできるだけ睡眠・栄養をとって免疫力を上げる」と説明。

 「自分ができることは出来る限り、自分と周りの大切な人達を守るために。私たち1人1人ができることを」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月6日のニュース