×

ヤクルト“打線爆発”一挙7得点で逆転!オスナ4号同点3ラン 山田も9号2ランで続いた

[ 2022年5月28日 16:11 ]

交流戦   ヤクルトー楽天 ( 2022年5月28日    楽天生命 )

<楽・ヤ>5回、同点3ランを放ちベンチに迎えられるオスナ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは0―3とリードされた5回、打者一巡の猛攻で7点を挙げ逆転。オスナが先発・高梨の黒星を帳消しにする4号同点3ランを放つと、山田にも9号2ランが飛び出した。

 高梨は2回、6試合ぶりの出場となった鈴木大に2死一、二塁から右翼フェンス直撃の適時二塁打を打たれ失点。4回には先頭の島内から渡辺佳、辰己、マルモレホスと4連打され2点を失ったところで降板。さらにこの回には辰己の打球が左足を直撃する“アクシデント”も発生。治療後マウンドに戻ってきたがマルモレホスに適時打を浴びた。

 それでも打線が5回に反撃。オスナが無死一、二塁から4号同点3ラン。相手先発・早川の投じた5球目、インコースのカットボールを捉え左翼スタンドに飛び込む豪快一発を放った。

 勢いに乗る打線はその後2死三塁とし、山崎のショートへの内野安打で逆転。好投していた早川を降板へと追い込むと、2番手・石橋からも山田が9号2ラン。さらに2死二塁からこの回2打席目となる中村悠が中前適時打で追加点。この回打者11人6安打2本塁打の猛攻で7点を奪って試合をひっくり返した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月28日のニュース