×

阪神、44イニングぶり複数得点!!大山の適時二塁打、佐藤輝の犠飛などで初回3点先制 

[ 2022年5月28日 14:16 ]

交流戦   阪神-ロッテ ( 2022年5月28日    ZOZOマリン )

<ロ・神>1回無死一、二塁、大山は右翼線に先制の適時二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が初回からロッテ先発左腕・佐藤奨を攻め立て3点を先制した。

 先頭の近本がフルカウントから四球で出塁すると、続く中野は一塁線への絶妙なセーフティバントを決め、自らも生き残る内野安打に。無死一、二塁となって、3番・大山が高めに浮いたチェンジアップを捉えて右翼への適時二塁打。あっさり先制に成功した。

 無死二、三塁と好機は続き、前夜に決勝弾の佐藤輝が中堅への犠飛で追加点。更に2死三塁から糸原も右中間を破る適時二塁打で、3点目を挙げた。貧打に悩まされる阪神にとっては、5月22日の巨人戦の2回に4得点を挙げて以来、44イニングぶりの複数得点となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月28日のニュース