×

阪神・糸原 難敵・朗希から2安打「真っすぐを1球で仕留めることを意識していた」

[ 2022年5月28日 05:30 ]

交流戦   阪神1-0ロッテ ( 2022年5月27日    ZOZOマリン )

<ロ・神>5回、佐々木朗から2打席連続安打を放つ糸原(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 得点にはつながらなくても、難敵・佐々木朗を6回で降板させた一因が、阪神・糸原の2本の左前打だ。2、5回に鮮やかに反対方向へとはじき返し、プレッシャーをかけ続けた。

 「真っすぐをファウルにしないように、1球で仕留めるというのは意識していたので、1球目から真っすぐを捉えたのは、よかったかなと思います」

 納得の表情で振り返ったのは、2回2死の第1打席。1ボールからの2球目直球をしっかりミートした。これがチーム初安打。何と言っても相手は「完全試合男」だけに、チーム全体に勇気を与える一打となった。

 5回1死でも、今度はフォークをクリーンヒット。狙いはあくまで「真っすぐしかないでしょ。160キロなんで」と笑ったが、対応力も見せつけた。

 走者を出したことで右腕の球数も増え、2回には二盗を決めるなど、走塁でも揺さぶった。結果的に90球でマウンドから降ろしたことが、勝利につながったことは間違いない。(山添 晴治)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月28日のニュース