×

ヤクルト 2連勝で交流戦単独首位浮上!オスナ同点3ランなど11得点大勝 木沢に3勝目

[ 2022年5月28日 18:02 ]

交流戦   ヤクルト11―4楽天 ( 2022年5月28日    楽天生命 )

<楽・ヤ>5回、同点3ランを放ったオスナはカメラにポーズ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは28日、敵地での楽天戦に11―4で大勝。2連勝で貯金を今季最多の12とし、交流戦4勝1敗で単独首位に浮上した。2番手の木沢尚文投手(24)が2回1安打無失点で3勝目を手にした。

 ヤクルトは0―3とリードされた5回、攻撃前に円陣を組むと無死一、二塁からオスナが4号同点3ラン。相手先発・早川の投じた5球目、インコースのカットボールを捉え左翼スタンドに飛び込む豪快一発を放った。

 さらに2死三塁から山崎の適時内野安打で逆転。好投していた早川を降板へと追い込むと、2番手・石橋からも山田が9号2ラン。その後打者一巡となって中村悠がこの回2本目の安打となる中前適時打を放つなど、打者11人6安打2本塁打の猛攻で7点を奪って試合をひっくり返した。

 投げては2番手の木沢が2回1安打無失点と好投し3勝目。木沢は4回無死一、二塁の場面で起用されると、後続を打ち取り追加点を与えず。すると直後の5回に味方打線が爆発。好投を続けていた相手先発・早川が崩れ5失点で降板すると、ネット上では「裏早慶戦は木沢に軍配」「早慶戦の裏で木沢が早川にリベンジしてた」と話題となった。

 打線は7、8回にも追加点を挙げ11安打11得点の大勝。先発の高梨が3回0/3を6安打3失点と今季最短で降板してしまったが、打線が奮起し2連勝を飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月28日のニュース