×

巨人・中田翔 スタンド沸かせた!杉谷いじり「別にあまりうれしくもないですけど…ありがとうございます」

[ 2022年5月28日 18:09 ]

交流戦   巨人8―4日本ハム ( 2022年5月28日    札幌D )

<日・巨>2ランを放ち、9回の守備に就く際、観客の拍手に帽子をとって応える中田(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 巨人の中田翔内野手(33)が昨年8月まで14シーズンに渡って在籍した古巣・日本ハム戦(札幌D)で7回に代打で登場。貴重な追加点となる中前適時打を放つと、9回には左翼スタンド上段へ12試合ぶりとなる5号2ランを放ち、史上42人目となる全12球団からの本塁打を達成した。

 中田の同球場での本塁打は昨年5月1日の西武戦以来392日ぶりで、同球場では歴代1位の通算98本目。かつてのホームでさすがの貫禄を見せつけた。

 心温まるシーンもあった。中田が本塁打を放ったその裏、日本ハムの9回攻撃だった。無死一塁で代打に登場したのは、中田の弟分でもある杉谷拳士内野手(31)。意気揚々と打席へ向かう杉谷は、中田が日本ハム時代に使用していた登場曲に乗って登場した。

 だが、試合後、それについて聞かれた中田は「全然気づかなかったです、すいません」とこの日一番の笑顔。スタンドからも笑いが起きると「守備に集中してましたし、まぁ、あの…。別にあまりうれしくもないですけど…ありがとうございます」と杉谷をおいしくいじってさらに笑わせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月28日のニュース