×

横高の絆だ!日本ハム・浅間が万波のミスを近藤の穴をカバー 新庄監督の予告通りに決勝3号

[ 2022年5月28日 06:00 ]

交流戦   日本ハム3―2巨人 ( 2022年5月27日    札幌D )

<日・巨>8回、決勝ソロを放ち歓喜の雄叫びをあげる日本ハム・浅間(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 横高の絆は固い。日本ハムの浅間大基外野手(25)が27日の巨人戦で、2―2で迎えた8回に決勝の3号ソロ。2点リードの5回に同点に絡む痛恨の失策をした万波中正外野手(22)のミスを、横浜高の先輩がカバーした。同校の先輩の近藤健介外野手(28)が負傷離脱した後、その穴をしっかり埋める男が3安打2打点でチームの2連勝を呼び込んだ。

 テレビ中継の解説をしていた清原和博氏が「そろそろ一発が出そうな雰囲気があるんですけどね…」と語ったのは8回、巨人の攻撃中。その裏1死、浅間のバットが快音を発した。3球目、戸郷が投じた低めの123キロカーブをすくい上げると、打球はライナーで右翼席に突き刺さった。

 試合を決めた一発。ベンチで万波が出迎えた。何度も頭を下げ、先輩に感謝を示した。「マンチュウ(万波)もああいうプレーがあった中、ベンチでも凄い声を出してましたし。マンチュウ自身が何とかしようという気持ちが見えていたので」。浅間はそう言った。

 2―0で迎えた5回2死二塁、中山の右前打の打球に猛然とチャージしてバックホームを狙った万波がまさかの後逸。右翼深くへボールが転々とする間に打者走者まで生還を許し、痛恨の同点を許した。それから、必死の形相で声を出し続けた万波。浅間は横浜高の後輩の姿から、強く感じるものがあった。

 高校の大先輩であり、大黒柱だった近藤は負傷離脱中。後輩をバックアップできるのは浅間だけだった。「結果としてカバーできたのは先輩として良かった」。新庄監督も何かを感じたのだろう。カウント1―1から、林ヘッドコーチに「これ(次は)変化球、多分ホームラン打つよ」と耳打ちしていた。

 3回に2点目を叩き出す適時三塁打を放った後には「近藤さんお元気にしてますか?打法!」と広報を通じてコメント。ヒーローインタビューに出る際に恒例となっているカメラ越しのサインにも「お元気ですか?」と書いた。「明日は万波がやってくれると思います!」。近藤の分まで後輩の奮起を促して、お立ち台から降りた。(清藤 駿太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月28日のニュース