×

広島 今季3度目の最少3安打で零敗、20年戦力外の藤井に2イニング無安打に抑えられる屈辱

[ 2022年5月28日 05:30 ]

交流戦   広島0-7ソフトバンク ( 2022年5月27日    ペイペイD )

<ソ・広>選手交代を告げる佐々岡監督(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 広島が今季3度目の最少3安打で4度目の零敗を喫した。一度だけ走者を二塁へ進めた7回も併殺打。交流戦突入後は2カード連続で初戦「0―7」の惨敗だ。レイには8回1得点の昨季に続いて苦戦。8回からは20年オフに広島を戦力外になり、独立・高知を経てNPBに復帰した藤井に2回を無安打に抑えられる屈辱で、佐々岡監督は「初回からああいう展開になったので打っていくしかなくなった。切り替えてやっていくしかない」と必死に前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月28日のニュース