DeNA 連夜のG倒で自力CS進出消滅回避 大貫6勝目でG戦5連勝

[ 2021年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4-1巨人 ( 2021年9月8日    横浜 )

<D・巨>ヒーローインタビューを終えタオルを掲げる大貫(左)と宮崎(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 連夜のG倒、そして連夜の自力CS進出消滅回避だ。ヒーローのDeNA・大貫は胸を張って言った。

 「たくさんヒットは打たれたけど、自分の持ち味のゴロを打たせる投球が徐々にできたと思います」。6回まで7安打を浴びながら1失点。両サイドへ粘り強く投げ分け、三振も7個奪った。3回無死一塁では、送りバントを好フィールディングで併殺に。三浦監督も「大貫らしく粘り強く、ゲームをつくってくれた」と称えた。

 今季は2軍調整中にプレートを踏む位置を一塁側から三塁側へ変更。持ち球の配球を考えた工夫で、6月27日の阪神戦から自身5連勝で6勝目だ。これでチームも今季の対巨人戦は8連敗(3分け挟む)の後5連勝(1分け挟む)。まだ借金12だけに、三浦監督は「この流れを続けるだけ」と力を込めた。(秋村 誠人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース