×

阪神・佐藤輝 途中出場も2打席2三振 桧山を抜いて球団日本人最多の151三振 連続無安打は35打席に

[ 2021年9月9日 21:41 ]

セ・リーグ   阪神ーヤクルト ( 2021年9月9日    甲子園 )

<神・ヤ(18)> 6回2死一塁、阪神・佐藤輝は空振り三振に倒れる(投手・高橋)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 6回途中の守備から右翼に就いた阪神・佐藤輝は、9回先頭でこの日2度目の打席へ。石山の前に、カウント1―2から150キロ直球で空振り三振にたおれた。

 1打席目も高橋の前に空振り三振にたおれており、連続無安打は、ついに35打席となった。シーズン通算で151三振とし、97年桧山を抜いて阪神日本人最多。チーム歴代3位の三振数となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース