マエケン 手術後初めて右腕動かす 固定器具に「アイアンマンみたい」「大リーグボール養成ギブス」の声

[ 2021年9月9日 16:23 ]

ツインズの前田健太(AP)
Photo By AP

 右ひじのじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたツインズの前田健太投手(33)が9日、自身のインスタグラムを更新。手術後、初めて右腕を動かしたことを報告した。

 「今日から少しですが腕を動かせるようになりました!角度が決まってるのでこれぐらいしか動きませんが…こんなちょっとでも動かすのが怖い。笑」とつづり、鏡越しに写したサイボーグのような固定器具をつけて少しずつ右肘を動かしている動画を投稿した。「#手術後 #腕 #初 #動かしました」とハッシュタグを添えた。

 タレントの武井壮が「アイアンマンみたいでいいね!!」とコメントしたほか、フォロワーからは「リハビリ頑張ってください!」「こんなの付けるんですね。わー」「大リーグボール養成ギブス…リハビリ頑張ってくださいね」「少しずつ、焦らず」「なんか強そう」などと声が相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース