広島・林 球団史上4人目の8打数連続安打 8回凡退で球団最長には届かず「ほんまですか…」

[ 2021年9月9日 23:28 ]

セ・リーグ   広島12ー5中日 ( 2021年9月9日    マツダ )

<広・中(20)>ヒーローインタビューで礼をしあう広島・鈴木誠(左)と林
Photo By 代表撮影

 広島・林晃汰内野手(20)が球団史上4人目となる8打数連続安打を決めた。

 6回1死一、三塁で三ツ間から左翼線への適時二塁打を放って3安打1四球。球団で8打数連続安打をマークしたのは、13年広瀬純(現1軍外野守備走塁コーチ)以来8年ぶりだった。

 しかし、8回先頭では空振り三振に倒れて、球団最長である72年山本浩司(現浩二)の9打数連続安打には届かず、「(記録は)知りませんでした。ほんまですか…」と残念がった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース