×

日本ハム2戦連続零敗で21回連続無得点 2試合続けて三塁踏めず栗山監督「しっかりやっていきます」

[ 2021年9月9日 22:03 ]

パ・リーグ   日本ハム0ー4楽天 ( 2021年9月9日    札幌D )

<日・楽21>ベンチで試合を見る栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは打線が2試合連続で三塁すら踏めずに3安打に抑え込まれ、2戦連続零敗。7日の楽天戦の6回から続く連続無得点は21回まで伸びた。今季11度目の零敗を喫した栗山監督は「こういうふうな展開の試合をしっかり取れるようにやっていきます」と悔しそうに振り返った。

 則本昂に手も足も出なかった。6回2死から清水がチーム初安打を放ち、無安打投球を阻止するのが精いっぱい。清水の安打を皮切りに浅間も中前打で続いて2死一、二塁を演出したが、西川が中飛に倒れて得点を奪うことはできなかった。小笠原ヘッドコーチ兼打撃コーチは「狙った球を捉えられなかった。あれくらいの投手で強い球や変化球がコースに決まっていると、なかなか打つのは難しい」ともどかしい表情だった。

 7回は先頭の野村が二塁内野安打を放った。しかし、一塁への送球がそれた際にわずかに二塁へ進む意思を見せたとして一塁ベースへ戻る前にタッチされてアウト。栗山監督も審判団に確認を求めたが、判定は覆らなかった。

 先発のバーヘイゲンも3回無死一塁から2者連続でバント処理の連係ミスから連続内野安打として無死満塁とピンチを広げ、島内に先制の2点二塁打を許した。5回は2死三塁から茂木の一塁へのゴロに対してバーヘイゲンがベースカバーが遅れて適時内野安打とされて追加点を奪われるなど、投球以外のミスが重なって失点を重ねたことが響いた。荒木投手コーチはバーヘイゲンのフィールディングについて「狙われている感じが凄くあった。頭に入れるように言っているし、内野手もそのつもりで守っているけど、それ以上になってしまった」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース