×

阪神・岩貞 1回2/3を被安打5、4四死球で大量5失点 5試合連続無失点の好調さ、どこへ…

[ 2021年9月9日 21:13 ]

セ・リーグ   阪神ーヤクルト ( 2021年9月9日    甲子園 )

<神・ヤ(18)>7回、集中打を浴びて大量失点を喫する阪神・岩貞(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の3番手・岩貞が7回に4四死球が絡む5失点など、精彩を欠いた。

 3―6の6回、藤浪の後を受け1死満塁から登板すると、村上は遊直に退けるも、続くオスナに2点適時打を浴びた。

 7回は1死から安打と四球で満塁とすると、青木に押し出しの死球。なおも1死満塁から山田に2点適時打、村上に適時打を許した。さらに2死満塁ではサンタナに押し出し四球。この回で大量5点を失い、10点差と大きく突き放された。

 岩貞は8月27日の広島戦から5試合連続無失点と好調を続けていただけに、悔しい登板となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース