×

阪神 鉄壁リリーフ陣で零封リレー 7回及川、8回岩崎、9回スアレスの新方程式はまった!

[ 2021年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5-3ヤクルト ( 2021年9月8日    甲子園 )

<神・ヤ>阪神の鉄壁リリーフ陣(左から)7回から登板した及川、8回に登板した岩崎、9回に登板したスアレス
Photo By スポニチ

 ブルペンで緊張感を共有し、ともに汗を流してきた仲間のために結束した。阪神のリードした場面で7回から及川―岩崎―スアレスの継投は今季初めて。「新・勝利の方程式」で2年目右腕のプロ初勝利をアシスト。スアレスも「いい感じで投げることができた。一番うれしかったのはオガワの勝利だよ」と表情を崩した。

 大山の本塁打の2点のリードを守るべく、3人でバトンをつないだ。24試合目登板の及川は先頭の西浦に四球を与えるなど、制球が定まらなかったが、逃げずに直球勝負で活路を開いた。代打・内川を7球目の148キロで二ゴロ併殺に仕留め、塩見は9球目の149キロで空振り三振で踏ん張った。「チームが点を取ってくれた直後だったので、何としても無失点に抑える気持ちだった。守備にも助けてもらい、岩崎さんにつなぐことができた」と胸をなでおろした。

 岩崎は後半戦8試合連続無失点を継続。スアレスも7月6日のヤクルト戦から10試合連続無失点。逆転勝利を鉄壁リリーフが支えている。(鈴木 光)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース