×

巨人・戸郷75日ぶり白星ならず 初回に2者連続アーチで3失点 その後は無失点も…

[ 2021年9月9日 19:47 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2021年9月9日    横浜 )

<D・巨(18)>5回を投げ終え、岸田(右)と話しながらベンチに戻る戸郷 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の3年目右腕・戸郷翔征投手(21)がDeNA戦(横浜)に先発登板。初回に2者連続アーチを浴びるなど5回7安打3失点で降板し、6月26日のヤクルト戦(神宮)以来75日ぶり、自己最多タイとなる今季9勝目をまたも逃した。

 今季初スタメンマスクの岸田とバッテリーを組んで登板した戸郷だったが、初回、1番・桑原に初球を遊撃への内野安打とされると、2番・柴田が犠打とわずか2球で1死二塁のピンチ。3番・佐野の二ゴロで2死三塁となった後、4番・オースティンに初球の高めスライダーを左翼スタンド中段へ運ばれ、試合開始から6球で2点を失うと、さらに5番・宮崎には1ストライクからの2球目、内角高め直球を2者連続で左翼スタンドに運ばれて8球で3点目を失った。

 だが、2回は1安打1四球も無失点。3回も先頭の3番・佐野に右前打され、初回に先制2ランされたオースティンには死球を与えて無死一、二塁のピンチを招いたが、宮崎、牧、ソトをいずれもフォークで3者連続三振に斬って取り、ここも無失点で切り抜けた。そして4回、5回も無失点。味方打線が敵失2つに乗じて4回に2点を返し、2―3と1点を追う6回に1死満塁で打席が回ると代打・大城を告げられ、降板となった。投球内容は5回で打者23人に対して77球を投げ、6安打3失点。7三振を奪い、与えた四死球は2つ。なお、大城は一ゴロ併殺打でこの回の得点はならなかった。

 戸郷は後半戦初登板となった8月15日の中日戦(東京D)で4回まで完全投球を見せながら5回に初安打を許すと連打で失点、さらに3連続四死球と乱れて2失点で降板。勝利投手の権利まで「あと2人」で9勝目を逃した。同21日のDeNA戦(東京D)は6回まで2安打1失点好投も1―1と追いついてもらった直後の7回途中に2失点して今季5敗目。同28日の中日戦(バンテリンD)では8回2安打1失点と好投するも打線の援護に恵まれなかった。前回登板した9月3日の阪神戦(甲子園)では5回まで完全投球を見せながら7回に追いつかれて降板、7回途中5失点で今季6敗目を喫している。

 なお、巨人がこの日も敗れて今季初の5連敗を喫し、ヤクルトが勝つと、6月24日以来77日ぶりの3位転落となる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース