×

広島・林 3試合連続マルチ「バットのヘッド走らせること意識」で復調 打率も3割復帰目前・296

[ 2021年9月9日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-4中日 ( 2021年9月8日    マツダ )

<広・中>8回1死、林は右前打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の林が3試合連続の複数安打で復調を印象づけた。

 3回先頭で松葉のツーシームを右前に運ぶと、5回は打ち損じた一塁へのゴロに全力疾走して内野安打。8回には又吉のチェンジアップを右前打として、6月26日の中日戦以来となる3安打を決めた。

 「1打席目から良い入りができて、継続した結果だと思う」

 一時の不振で12試合連続で8番での先発が続く中、打率を・296まで戻して3割復帰は目前。「フォームよりも、バットのヘッドを走らせることを意識している」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース