×

止まらない誠也 第1打席で広島球団記録の6戦連発弾 4回にも27号2ラン放つ

[ 2021年9月9日 18:32 ]

セ・リーグ   広島ー中日 ( 2021年9月9日    マツダ )

<広・中(20)>6戦連発の広島・鈴木誠(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の主砲・鈴木誠也外野手(27)が、いきなり第1打席でスタンドの「期待」に応えた。西川の2ランで先制した直後の初回2死。中日・勝野のスライダーに逆らわず、鈴木誠が巧みなバットコントロールでボールをとらえる。右中間へ飛び込む技ありの26号ソロ。ランス(1987年)、新井貴浩(2005年)の持つ球団記録に並ぶ6試合連続弾となった。

 「打ったのはスライダーかな。(西川)龍馬のいい流れに続くことができた。追加点になってよかったです」

 シンプルな言葉に喜びをこめる。最近13試合で12本塁打の超ハイペース。7、8月の月間MVPも獲得した主砲は、72年王貞治(巨人)、86年バース(阪神)の持つ7試合連続本塁打のプロ野球記録に王手をかけた。

 一度、火がついた27歳は、誰にも止められない。同点で迎えた4回2死一塁から今度は左翼へ27号2ラン。再び広島がリードを奪った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月9日のニュース