中日・与田監督が貧打線に「メス」を入れた 福留を2度目の先発起用 京田を初めて2番に

[ 2021年4月7日 17:40 ]

セ・リーグ 中日ーDeNA ( 2021年4月7日    バンテリンドームナゴヤ )

<神・中>中日・与田監督
Photo By スポニチ

 中日・与田監督が貧打線にてこ入れをした。DeNA戦のスタメンが発表され、福留を3日の阪神戦以来3試合ぶり、今季2度目のスタメン起用。代わって平田がベンチスタートとなった。

 福留が「5番・右翼」でオーダーに入っただけでなく、京田を今季初めて2番で起用。10試合で27得点と貧打が続く打線に6日の試合後、「アウトの内容がよくない。相手にリズムがいってしまうような内容」と苦言を呈していた指揮官。復調を願い、打順を組み替えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース