楽天打線が今季最多の13安打13得点“島内語録”も出た!“絶口調”2戦連続マルチ

[ 2021年4月7日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天13ー2西武 ( 2021年4月6日    メットライフD )

<西・楽>インタビューを終え笑顔でガッツポーズする島内
Photo By スポニチ

 楽天打線が今季最多の13安打13得点と爆発した。同点の3回に茂木が決勝3号ソロを放つと、5回には島内が右越え1号2ラン。ファンの間で「面白い」と話題の試合中談話も今季初めて出た。2試合連続のマルチ安打に「コロナの影響で時間があるので、動画でいろんな人の打撃を見ている。少しずつ良くなっている」とうなずいた。

 9回には高卒2年目の武藤が中前にプロ初安打を放ち「やっとスタートラインに立てた」と喜んだ。

 【島内センセイ快音語録】
 ◎コブ(小深田)がこぶしの利いたバントをしてくれたんで、僕もこぶしのバッティングができたかな??以上!!(5回1死二塁で右翼に1号2ラン)

 ◎打ったのはスライダーです。花粉症が凄いです!!(6回無死満塁で左前適時打)

 ▼楽天・茂木(3回にバックスクリーンへの決勝3号ソロ)積極的に打ちにいって、1球で仕留められて良かった。

 ▼楽天・鈴木大(3安打4打点)チャンスで回ってくることが多いので、ここ一番の場面でもっと打てるようにしたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース