マーティン パ・リーグトップ4号も…ロッテ2戦連続ドロー

[ 2021年4月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3ー3オリックス ( 2021年4月6日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>3回2死一、二塁から右越えに逆転3ランを放つマーティン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテは同点の9回2死一、二塁も生かせず、2試合連続の引き分けとなった。1点を追う3回、マーティンのリーグトップとなる右越え4号3ランで逆転。だが、先発の小島が6回3失点で追いつかれた。

 「リードを守れずに悔しい」とした左腕に井口監督も「四球だったり、自分の制球をできていない。もったいない」と奮起を促した。ただ、開幕5連敗の後、3連勝を含め5戦負けなし。指揮官は「いい形で攻撃はできていた」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース