DeNA・牧 今季2号が球団通算8000号、6度目マルチも記録

[ 2021年4月7日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7ー3中日 ( 2021年4月6日    バンテリンD )

<中・D>9回2死、牧は左越えソロホームランを放ち、三塁を回り生還する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNA・ドラフト2位の牧が球団通算8000号のメモリアル弾を放った。9回2死で鈴木のツーシームを左翼へ2号ソロ。「(前打者の)柴田さんが走者を還してくれていたので気楽に打てました」。開幕全10試合に先発出場し、この日が6度目のマルチ安打で打率は・405。三浦監督は記念弾に「知らなかった。僕もそのうちの1本貢献しています」とおどけた。

 ▽新人・牧の今季2号がDeNA通算8000本目の本塁打となった。通算8000号は巨人の1万484本を筆頭に10球団目。球団の第1号は大洋時代の50年3月14日松竹戦の長持栄吉で、最多本塁打は松原誠の330本となっている。新人が1000本単位の記念弾を記録したのは球団では初めてだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース