ダルビッシュ妻・聖子さん「余裕ぶっていたらもう9回だ!!」 登板日のほっこり日常明かす

[ 2021年4月7日 16:02 ]

パドレス・ダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 元レスリング世界女王の山本聖子さん(40)が7日、自身のブログを更新。夫であるパドレスのダルビッシュ有投手(34)が試合に登板する日の一家の様子を明かした。

 「登板日の日の私達は」のタイトルでブログを更新。「今日は主人の登板日でした」と書き出すと「この日は子供達の寝る時間は遅くなります。お風呂は早めに入れて、パパの投げ終わるのを見届けたら、歯磨き、おトイレ。今日はベッドに入ったのが9時半少し前、9時過ぎていたので即寝てくれました」と子どもたちの様子を報告。

 妻である自身については「こんな日はだいたい、主人が投げる表のイニングが終わったら主人のご飯を作り、主人が出てきたら試合を見るの繰り返しをします。笑」としながらも「けど、ソワソワしながら作るのでなんだか進みません。なので、子供達寝たから今からまた作ってきます」と慌ただしいながらも幸せに満ちた日常を報告した。

 「めっちゃ頑張っていたバッティング。一つ一つに集中してるのがよく分かる良いプレーでした」と夫の打席写真も掲載した聖子さん。「って余裕ぶっていたらもう9回だ!!しかも勝ってるからあとワンナウトで終わる!!↑いいから早くキッチンに戻りなさい。急ぎます」と自分にツッコミを入れつつ、愛する夫の帰宅を待ちわびていた。

 夫のダルビッシュは6日(日本時間7日)、本拠サンディエゴでのジャイアンツ戦で今季2度目の先発登板。6回で7三振を奪う3安打1失点の力投を見せたが、同点の場面で降板して勝敗はつかず今季初勝利は持ち越しになった。球数は89球、ストライクは55球。最速は95マイル(約153キロ)だった。チームは7回に2点を勝ち越して3―1で勝利、連敗を2でストップしている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース