ソフトB、2カードぶり初戦勝利 打の主役はやっぱり柳田!先制打で流れ引き寄せた

[ 2021年4月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク7-0日本ハム ( 2021年4月6日    札幌D )

<日・ソ>初回1死二塁、先制適時打を放つ柳田(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 エースを援護したのはやはり、この男だった。ソフトバンク・柳田が初回1死二塁から中前適時打。試合開始からわずか5球で先制点を叩き出し「連敗を止めるためにも、まず先制点を取ることができて良かった」と力を込めた。

 5連敗中のチームだが、柳田の一打だけでは終わらなかった。2死二塁から栗原が「何とか追加点をという思いで打席に入った。いいスイングで打つことができた」と右翼席に2号2ラン。初回の3点で主導権を握った。

 柳田、栗原ともに2試合連続マルチ安打。打率を3割台に乗せた栗原は「しっかりと、下半身を地に足つけながらやれている」と自己分析。不調時は上半身主導だったが、徐々に思い描くスイングが可能になってきた。

 試合前のロッカールームでは「また今日から!」と互いに声を掛け合い、再スタートを勝利で飾った。2カードぶりに初戦を制し、借金を返した工藤監督は「きっちり柳田君が先制点、栗原君の2ランも大きかった」と頼もしげに目を細めた。

 千賀が今季初登板の復帰戦で6回途中に左足首を押さえながら緊急降板。再びエースが離脱すればチームには大きな痛手だ。

 「誰が先発で投げていても先取点、点を取ることは変わらない。野手陣でピッチャーを助けられるように。意識していきたい」と栗原。8試合ぶり今季2度目の2桁安打の打線に、本来の活気が戻ってきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース