【7日プロ野球見どころ】阪神は先制すれば今季7戦全勝 伝統の一戦で先手必勝なるか

[ 2021年4月7日 15:09 ]

 首位を走る阪神は今季先制した試合に7戦全勝と負けがない。一方、敗れた3試合は全て相手に先取点を許したもので逆転勝ちはゼロだ。阪神は19年の逆転勝ちが32勝でヤクルトと並びリーグ最多タイ。昨年は27勝でリーグ単独トップだった。過去2年は終盤の粘りが目立ったが、今季はここまで先手必勝で白星を積み上げているがきょうはどうか。

 セ・リーグでは阪神新人の佐藤輝が2本塁打しているもののリーグ最多の18三振と打撃の粗さが目立つ。パ・リーグでは3本塁打している柳田(ソ)の16三振が最多。もっとも、ソフトバンクの打者がリーグ最多三振を記録したのは12年ペーニャが最後。日本人では南海時代の83年門田博光までさかのぼる。柳田も打撃の精度を上げていきたいところだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース