中日の追加点は根尾のバットだ 5回に中前適時打で勝野をアシスト「しっかり踏み込んで打ちにいきました」

[ 2021年4月7日 20:00 ]

セ・リーグ 中日ーDeNA ( 2021年4月7日    バンテリンドームナゴヤ )

<中・D>5回無死二塁、中日・根尾は中前適時打を放ち、笑顔でグータッチする(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・根尾が貴重な追加点を叩きだした。

 2―0の5回無死二塁の好機で入江の低め変化球を振り抜くと、痛烈なゴロは二遊間を破り中前へ。二塁走者の木下拓が生還し、リードを広げた。

 「最低でもランナーを進塁させるために、しっかり踏み込んで打ちにいきました。その結果がタイムリーになってくれたので良かったです」

 根尾のタイムリーは決勝打となった3月31日の巨人戦以来、出場4試合ぶり。18年ドラフトで同期入団である先発・勝野の今季初白星を近づける一打となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース