レイズ・筒香“グリーンモンスター”直撃 開幕から15打席目やっと初安打

[ 2021年4月7日 02:30 ]

ア・リーグ   レイズ2-11レッドソックス ( 2021年4月5日    ボストン )

〈レッドソックス・レイズ〉今季初安打を放った筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香が「1番・一塁」で出場し、開幕から15打席目で初ヒットが出た。

 0―7の8回、右腕アンドリースが投じた91マイル(約146キロ)の直球を逆方向へ運ぶと、打球は左翼手の上を越え、フェンウェイ・パーク名物の巨大なフェンス「グリーンモンスター」に直撃。

 素早く処理されて一塁で止まったが、安堵(あんど)の表情を見せた。試合前にはレッドソックスの沢村にあいさつし、6分ほど談笑。この日は対戦が実現しなかった。チームは2―11で大敗を喫し、ケビン・キャッシュ監督は「相手が試合を通して、いい打撃をしていた」と話した。(杉浦大介通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース