ソフトバンク・工藤監督「中6日は難しい」 左足首捻挫の千賀は再検査後にリハビリへ

[ 2021年4月7日 19:03 ]

<日・ソ>6回1死、渡辺の投直を捕球後に倒れた千賀(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは7日、千賀滉大投手(28)の出場選手登録を抹消した。千賀は6日の日本ハム戦(札幌ドーム)で今季初登板初先発し、6回に打球を処理した直後に左足首をマウンドでひねり、歩行が困難となった。立てないまま担架で運ばれ、病院へ直行し札幌市内の病院で左足首の捻挫と診断されていた。

 復帰時期は未定で、福岡へ戻って専門医の再診を受ける予定としている。工藤監督は7日、「腫れもある。中6日は難しい。一度抹消して福岡に戻し、もう一度診察を受けて、そこからリハビリに行く形になるかなと思います」と話した。

 チームは千賀が次回先発を予定していた13日のオリックス戦(ペイペイドーム)の先発要員を確保する必要に迫られる。2軍調整中の東浜も4月2日のウエスタン・リーグ中日戦で左脚に打球を受けて復帰が遅れる見込み。開幕ローテーションから外れ2軍で調整中の二保、尾形、松本、1軍で中継ぎの杉山らが候補になるとみられる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース