伊藤将、でかした!阪神の新人投手として初めて巨人戦でプロ初勝利 打線も活発7得点で4連勝

[ 2021年4月7日 21:16 ]

セ・リーグ   阪神7ー1巨人 ( 2021年4月7日    甲子園球場 )

<神・巨>阪神の新人として初めてプロ初勝利を巨人戦でマークした伊藤将(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が13安打7得点の猛攻で快勝した。

 3回無死一、三塁から一走・糸原が盗塁で相手のミスを誘い先制。4回は近本&糸原の1、2番コンビの適時打でさらに3点を追加。5回にはサンズの今季4号2ラン、6回は2死一塁から大山が左翼への適時二塁打で7点目を挙げた。

 投げては先発の伊藤将が7回6安打1失点の好投でプロ初勝利。16年の青柳以来、5年ぶりとなる巨人戦初登板で初勝利をマークに加え、球団の新人では初となる「プロ初勝利」と「巨人相手に初勝利」を同時達成の快挙を遂げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース