中日・与田監督の「理想形」で連敗ストップ 今季初の逃げ切り勝利「こういう形が目指している野球」

[ 2021年4月7日 22:26 ]

セ・リーグ   中日3ー1DeNA ( 2021年4月7日    バンテリンドームナゴヤ )

<中・D>DeNAに勝利し、グータッチでナインを迎える中日・与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は今季初の逃げ切り勝ちで連敗を3でストップ。これまでの3勝はすべて逆転勝利だっただけに与田監督は「先制点を取ることは大事」と喜びを噛みしめた。

 先発・勝野が5回までピンチの連続ながら無失点と粘り「走者を出しながら粘り強かった。京田がよく声をかけてくれて、投手が1人になっていなかった」と指揮官。「こういう形が目指している野球」と先発が独り相撲にならなかったバックアップに感謝した。

 打線は2回に敵失で2点を先制すると、5回無死二塁から根尾が中前適時打。出場4試合ぶりの打点でお立ち台に上がったヒーローに「根尾にしろ、滝野にしろ若い選手が台頭しているが、ばんばん結果を残すのは難しい。上手く使っていかないと」と今後も我慢強く起用する方針を示した。

 貧打が続く中、2番に京田、5番に福留と打順を組み替えたが、4安打と劇的効果はなし。それでも「どんどんヒットが出たわけではないが、勝つ形ができた」と与田監督は胸を張った。

 「連勝がまだない。勝つと雰囲気が全然違う」と8日のDeNA戦で今季初の連勝、カード勝ち越しを狙う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース