日本ハム・中田 5回空振り三振後にバットを叩きつけて破壊 その後途中交代

[ 2021年4月7日 23:03 ]

パ・リーグ   日本ハム2ー6ソフトバンク ( 2021年4月7日    札幌D )

<日・ソ2>5回1死一、二塁、空振り三振に倒れベンチに下がる中田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの中田翔内野手(31)は7日の本拠ソフトバンク戦に「4番・一塁」で先発するも3度の好機で凡退。3打数無安打のまま2―1とリードした6回の守備からベンチに退いた。

 中田は初回、二死二塁と先制のチャンスに三ゴロと凡退。3回には2死満塁の絶好機を迎えたが相手先発・笠谷の149キロのストレートを打ち上げて二飛に倒れた。5回にも1死一、二塁のチャンスに空振り三振。ベンチに戻ると悔しさのあまりバットをベンチに叩きつけて破壊し、6回から中田に代わって谷内が起用された。

 栗山監督は中田の途中交代について「それについては明日(8日)ゆっくり話そう」と話すにとどめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月7日のニュース